最新記事

少子化の中、教育産業は過当競争時代に突入して、塾生の確保に力を入れています。
その分、大手を中心に、広告が目につくようになっています。
また、塾の前には、有名校に何名が入学したかの実績などが貼られており、ついつい目を奪われがちです。
しかし、大切なのは、塾に通うための目的や本人の性格を考えて、適切なところを選ぶことです。
通う目的が学校の復習に力を入れたいなら、個人経営のところの方が、ひとりひとりを大切に指導してくれるでしょう。
また、競争の中で力を発揮する子と、ゆっくりとした環境の中で力を出す子がいますので、その学習環境を十分に知る必要があります。
どこの塾も無料体験を実施していますので、積極的に活用することをおすすめします。
子どもだけで行かせると、友人と同じところを選びがちですので、親も無料体験に参加して適切な選択をする必要があります。